強靭な一級建築士
強靭な一級建築士
ホーム > 注目 > 筋肉を意識して歩くと、効果が出てきます。

筋肉を意識して歩くと、効果が出てきます。

どうしても避けられないのが体重が思うように減らない時期です。

こんな状態の時にどうすればいいのかと言うと、この状態で減量をやめてしまう人もいますが、無理をせずに継続していくのが大事です。もし、運動を中断してしまっているのなら、食事だけはカロリーに気を配ったり、食べもののカロリーを気にしないのなら、運動量だけでもキープしましょう。健康のため歩くことによって痩せる時の注意点は、歩く事を必ず40分以上する事です。

歩く事のような有酸素運動で、燃焼し始めるのは、始めてから約30分たってからです。10分や20分程度歩く事では、脂肪を燃焼する事はできず、ダイエットのききめはかなり薄くなってしまうので、気をつけるようにしましょう。痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。食事制限をするダイエットは確実に痩せるのですが、デメリットも多いのです。
私は生理が止まりました。排卵がストップして、産婦人科で薬をもらい治療しました。ですので、最初から無理をしすぎると長続きしないし、危険だと思います。
実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも結構、違いが出てくるのです。



ここ最近、デブになたので、もっとスリムになりたいなぁと調べていたら、いい対策を見つけました。それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。有酸素運動は効果的で食事を減らすより、ずっと痩せられます。私も数週間前から有酸素運動を取り入れていますが、日に日に痩せてきて嬉しいです。走ることはことのほかききめがあるんだなと認識しました。若いころは基礎代謝がとてもいいので、多少の食べすぎで体重が増えたとしてもしばらくしたら元に戻るという事が多いです。しかし、年齢を重ねると基礎代謝力が減少し、それと共にエネルギー消費量も減少するので、何もしないと脂肪がつきがちになります。


体重を落とす事は以前に数度何度かしてきました。



今も時折、実践してる痩せる方法はプチ断食でございます。

1日予定の入っていない日に水以外は他に食べないようにします。


明くる日の朝はお粥のなどのようないにやさしい食べ物を摂って後は普段通りに生活するのです。お腹のリセットにもなって身体にも良いそうですよ。基礎代謝の数値をあげるためには有酸素運動が効果的だと一般的に知られています。簡単に取り組めて効果もあげやすいのはウォーキングなのです。
ただもちろん、ダラダラと歩く、それでは基礎代謝の向上にはつながりません。たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎をひいて、そして前をしっかり見据えてなど、筋肉を意識して歩くと、効果が出てきます。


体重を減らす為に朝ご飯を抜くのは体に良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。カロリーを心配する場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトなどのミネラル食品に変えるといいです。それ以外にも、温野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌も美しくなります。バナナを朝に食べるのも良いので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せましょう。